英語を学んでみよう




人生の選択肢を思いきり広げる方法

日本だけじゃもったない!

日本は世界有数の豊かなで平和な国です。食べ物も美味しくて水道の水も問題なく飲むことが出来ます。

しかーし!!!本当に日本だけで人生を終えることが幸せだとは限りません。

何百とある国の中に何十億という人がいるのに、たった1つの国を知っているだけで「ここが世界一住みやすい国だ!」なんて言えるわけがありません。

人も文化も環境もとてつもない選択肢がある中で、本当に日本だけがあなたのいるべき場所だという確証を持てますか?

限られた人生の中で自分の枠をどうか狭めないで下さい。世界は本当に広いんです。

残念ながら、日本語を話すことが出来る人数は1憶人ほどしかおらず、さらにほとんど日本にしか住んでいません。

世界中で1番力を持っている言語(Power-Language)は何だと思いますか? 中国語?スペイン語?

答えは英語です。http://www.kailchan.ca/wp-content/uploads/2016/12/Kai-Chan_Power-Language-Index-full-report_2016_v2.pdf

世界経済に大きく影響を及ぼし、第二言語としても幅広く使われている超万能な言語が英語なんです。英語を使わない日本国内でさえも、収入upのための転職に英語力が必要になる場面が多いです。

どうしてこんなにも英語が必要となるのでしょうか?その答えの一つに、英語を話せる人数が多いことが挙げられます。

その人数なんと、

17憶5000万人

日本語話者数の17倍も英語を話せる人がいます。

英語を使う人間が多いということは、英語を使用した情報量もとてつもない数になります。

少し気になったので、Google先生にネットで使用されている言語ランキングを聞いてみました。

1位 English➡➡➡25.9% 2位 Chinese➡➡➡19.4% 3位 Spanish➡➡➡7.9% 4位 Arabic➡➡➡5.2% 5位 Indonesian / Malaysian➡➡➡4.3% 6位 Portuguese➡➡➡3.7% 8位 Japanese➡➡➡2.6%

思ったより日本語が健闘していましたが、圧倒的に英語の勝利ですね。

情報格差なんて言葉もありますが、英語を身に付けている人とそうではない人にはまさに大きな情報の格差が生まれることとなります。

「日本で一生を過ごすから大丈夫」「別に英語を使わなくても生きていける」確かに人それぞれでそんな選択肢があっても良いでしょう。

せっかく平和で色んな事に挑戦することが出来る日本なのに、国連加盟国ほとんどにVISAを取る必要もなくパスポートのみで行ける日本国民なのに。

少し英語を使えるだけで、人生の選択肢は思いっきり広がります。

もしあなたが英語に憧れを持っているのならば、

もしあなたが英語を自分の武器にしたいと思うのならば、

一緒に英語を学んでみましょう!

あなたの人生がより良いものとなりますように。

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post