英語学習のモチベーションの保ち方




英語学習の最大の敵は、モチベーションの低下です。

才能あふれるあなたならば、続けてしまえばどんなことでも身に付けてしまうでしょう。

本日は英語学習のモチベの保ち方をご紹介していきます。

10,000時間の法則

10,000時間の法則をご存知でしょうか?

どんなことでも、10,000時間継続して経験すればプロフェッショナルなレベルに到達することが出来るという法則です。

なかなかストイックな考え方ですね。

ただ、英語学習を続ける際には一つの目安となってくれます。

学習時間、または英語を使用していた時間を記録して、今自分がどのあたりにいるのかを目視することが出来ます。

私も留学中から英語を使った時間の記録を続けています。(まだ3,000時間経過したくらいです。)

指標とする区切りは自分で決めても良いですし、調べても良いでしょう。

私の経験上では以下の通りです。

20時間  ・・・・ 英語の苦手意識が和らぐ

100時間 ・・・・ 英語を使う習慣が身に付いてくる。脱超初心者。

200時間 ・・・・  TOIEC で言えば100くらいup出来る。

500時間 ・・・・ 日常会話がちょっとずつ出来るようになる。

600時間 ・・・・ ちょっと英語に飽きる。

700時間 ・・・・ 初めて発音を褒められるようになる。

1,000時間 ・・・・ 英語が使いたくてしょうがなくなる。

1,500時間 ・・・・ TOIEC で600点を取る。当時の最終スコアは250点。

2,000時間 ・・・・ まだまだ英語が分からないことに気付く。

2,400時間 ・・・・ TOIEC 700~800点 映画や動画も英語で辛く感じない。(途中単語調べたり繰り返してます。)

2,500時間 ・・・・ 子供英会話教室の先生として採用してもらえる。

3,000時間 ・・・・ 気長にやっていこうと余裕が生まれる。

今後、もう少し細かい内容もご紹介していきます。

ざっと自分の英語学習の成長を振り返りましたが、達成感と同時にまだまだ感が否めません。

1,000時間以降、少し内容が省略してありますが、最初に比べて成長速度が急激に落ちたからです。

途中英語に飽きてしまうことや、挫折しそうになる経験もありました。

ただ、英語学習はそういうものだと割り切って良いと思います。

焦ったり、どんなことが効率良いか調べて迷走してても仕方ないです。

楽しい事や続けられそうなことで英語を身に付けることがおススメです。

10,000時間に到達してから英語で何かアクションを起こすのではなくて、何か行動を起こしながら10,000時間に到達するのです。

自分軸で今どの辺りの英語力なのかを判断してみましょう。

長ーーい目で見る

英語学習ほど焦らなくて良い学問は無いです。

どのようにしたら単語を完璧に覚えられるかご存知でしょうか?

フラッシュカード?

単語帳?

そうではなく、思い出やイメージと結び付けることで単語は覚えることが出来ます。

アメリカ人の社会福祉活動家のヘレン・ケラーの話を引き合いに出します。

彼女は幼少期から目が見えず、耳も聞こえませんでした。

ヘレンは七歳の頃にアン・サリヴァンという家庭教師に言葉を教わりました。

流れ落ちる水に触れ、 “Water!”

と口にしたのです。

もちろんそれまでに家庭教師のアンは様々な苦労をしますが、ここでは割愛させてもらいます。

ヘレンは盲目でろう者にも関わらず、感覚とイメージを駆使して言葉を覚えてることに成功しています。

英語を身に付けたい!という人は彼女から学ぶことがたくさんあります。

特に、文字の羅列で単語を覚えることは非効率なのです。

実際に自分が体験した思い出、その瞬間の感情があって初めてその単語はあなたのものとなります。

確かにスペルを覚える時や学校などのテストの際には、見て覚える方法が有効かもしれません。

ただ、いざ自分の言葉にて喋ろうとしたときに、ただ暗記した単語はあなたの味方をしてくれません。

リスニングでもスピーキングでも、結局あなたを助けてくれるのは、感情や思い出と一緒に覚えた単語たちです。

「そんなことしてたら時間が掛かり過ぎる!」

ごもっともです。

だからこそ、英語学習は焦ったところで意味が無いのです。

暗記科目として積み込めば、確かに単語力もTOIECも一時的には上がるでしょう。

しかし、覚えることに疲れてしまい、英語が嫌いになり易いので注意して下さい。

英語は楽しく、長---い付き合いで覚えていけば良いのです。

好きな事で英語を使う

自分の興味のあることや好きな事に英語をプラスすると、苦労なく英語に時間を使うことが出来ます。

今はとても恵まれている時代なので、少し調べれば簡単に英語に触れることが出来ます。

例えば、

・英語でアニメを見る

・洋楽を聞く

・映画を英語で見る

・英語のサイトを読む

・英語話者の好きなYouTuberを見つける

・SNSで英語を読んだり書いたりする

・在日で同じ趣味の外国人に会ってみる

などなど

最初にプロフェッショナルになるためには10,000時間を費やすことが必要だとご紹介しましたが、何も机に10,000時間かじりつく必要は無いのです。

好きな曲の歌詞、映画のセリフを自分のものにしていくのもとてもおススメです。

実際に私も、英語でアニメをたくさん見たり歌を歌えるまで練習することで発音が良くなりました。

勉強のサイクルにも上手く趣味×英語を取り入れてみましょう。

テストや文法の勉強↓

洋楽↓

勉強↓

英語でネットサーフィン↓

勉強↓

動画、アニメ、映画鑑賞↓

勉強

どうしても最初のうちは、基礎の英語力は必要になると思うので、簡単な英語から順に理解していきましょう。

なんとなく英語を聞き流すだけでは、ただのBGMになってしまいます。(聞き流しトレーニングは効果がかなり薄いのであまりおススメ出来ません。)

英語で遊ぶことを覚えてしまえばこちらのものです。

とことん楽しく英語を使いましょう。

まとめ

・10,000時間の法則

プロフェッショナルになるためには10,000時間必要になると言われています。英語を話せるようになるにも2,000~3,000時間必要になると言われています。

・長い目で付き合う

英単語も最も効率的に覚える方法は時間が掛かります。

あなたを助けてくれるのは、思い出やイメージと一緒に覚えた単語たちです。

・好きな事で英語を使う

どうせ長い時間をかけるのであれば、好きな事を英語でやってみましょう。

追伸

40年間は350,400時間

睡眠、食事、仕事、身支度などを差し引くと残り32,320時間

そのなかであなたは何のプロフェッショナルになりたいですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post